Other materials in the Japanese language
Featured Storacle:
エンドルの口寄せ
Featured Storacle:

エンドルの口寄せ

ウル王は途方に暮れ、恐ろしさに震えていました。数も少なく、力も弱いイスラエル軍を攻撃するために、全ぺリシテ軍が集結していたからです。「サムエルがここにいてくれたら、どうすべきか教えてくれるのに……」と、サウルは呻き声を上げました。しかし、イスラエルの偉大な預言者は、数年前に亡くなっていたのです。

年老いた君主は、他の預言者や祭司たちから助言や導きを必死に求めましたが、主はサウルに語ろうとなさいませんでした。若者だったころ、サウルは神と親しい関係にありました。しかし、王位に就いて以来、彼は無慈悲になり、神のみ言葉に逆らいました。あるときなど、祭司の村の住人を皆殺しにさえ...

Storacles - Japanese

王国イスラエルの悪名高い王アハブは、スリヤからラモテ・ギレアデの町を奪い返そうと思っていました。しかし、そうするには手助けが必要です。そこで、スリヤを共通の敵とする南王国ユダの良心的な王ヨシャパテに、軍事行動を共にしてくれるよう頼みました。ヨシャパテは、加勢する意志はあるが、その前に神の助言を求めるべきだ、とアハブに答えました。
リシャには、その若いやもめが絶望的になっているのがわかりました。彼女は老いた預言者の足元にすがりつくと、泣きながら言いました。「債主がきて、わたしのふたりの子供を取って奴隷にしようとしているのです」。やもめの夫は莫大な借金を残して、突然亡くなってしまったのです。聖書の時代の債主には、返済できない家族の持ち物を差し押さえ、子供まで取り上げる権利がありました(ヨブ記 ...
テロにとって、イエスは大事なお方でしたが、民衆に受け入れられることも大事でした。イエスが最後の晩餐の最中、弟子たちが皆イエスを見捨ててしまうことを警告されたとき、ペテロは立ち上がり、他の人たちがそんなことをしても自分は見捨てない、と生意気にも誓いました。しかしイエスは、「今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」(34節)とお答えになりました。

Back To Top