Other materials in the Japanese language
Featured Storacle:
天の窓
Featured Storacle:

天の窓

コブはかつて、これほどの貧しさと孤独を感じたことがありませんでした。それも、もとを正せば、自分がずる賢くて欲深かったからです。まずヤコブは、双子の兄エサウに賄賂を使って長子の権利を売らせました。次に母の助けを借りて、目のかすんだ父イサクをだまし、エサウに与えられるはずだった家長の祝福を奪ったのです。

こうして今、ヤコブは、殺してやると怒った兄の脅しもあって、家から逃げ出したところでした。ヤコブは頭を垂れ、貪欲な計画がすべて裏目に出たことを思って泣きました。枕代わりの石と、身を守る1本の杖を頼りに、たった1人荒れ野で眠ろうとします。でも、両親にまた会えるだろうか、神はこ...

Storacles - Japanese

広大なバビロンは豊かで繁栄していたにもかかわらず、ネブカデネザル王は王宮のベッドで寝つけずにいました。
イエスのその弟子たちは、すっかり落胆していました。新しい神の王国に対する彼らの望みと夢のすべてが、おとといの金曜日、十字架に釘付けにされてしまったのです。
南王国ユダの残忍な女王アタリヤは、母イゼベルよりももっと邪悪でした。息子のアハズヤが死んだとき、彼女はすぐに王国の支配権を握り、跡継ぎとなるはずの孫たちを皆殺しにしてしまったのです。
ダビデの息子たちの中で、アブサロムは一番ハンサムで抜け目がなく、野心家でした。聖書には、「イスラエルの中でアブサロムほど、その美しさをたたえられた男はなかった。
その年老いた族長が神の声をはっきり耳にしたのは、空がまだ暗い時間のことでした。「アブラハムよ……あなたの子、あなたの愛するひとり子イサクを連れてモリヤの地に行き、わたしが示す山で彼を燔祭としてささげなさい」(創世記 ...
メデアとペルシャの王 ダリヨスがバビロンを征服した後、 ダリヨスはただ1人残してバビロンの役人をすべて処刑しました。運がよかったのは真の神に仕えるダニエルでした。
イスラエルの子たちを去らせるよう、エジプトの王に申し出る前に、モーセと兄のアロンは、虐げられているイスラエルの長老たちと会いました。
ソロモンがイスラエルの王となった後、主が夢でソロモンに現れ「あなたに何を与えようか、求めなさい」(列王紀上 3:5)と言われました。
サウル王は途方に暮れ、恐ろしさに震えていました。数も少なく、力も弱いイスラエル軍を攻撃するために、全ぺリシテ軍が集結していたからです。
アブラハムは、甥のロトが家族を連れてソドムへ移ったとき、大変な間違いを犯したことに気づいていました。ヨルダン川の下流域の町々は美しく、植物が青々と茂っていましたが、ひどく堕落していたのです。
ナアマンは勇敢で、裕福で、有名なスリヤ軍の司令官でしたが、聖書の時代では命取りの病気であるらい病にかかっていました。
この世の自然界は、創造された当初、完全な調和を保っていました。人、動物、植物は、完璧に調和しながら生きていたのです。
ネブカデネザル王が合図をし、多くの楽器の音が響くと共に幕が落ち、90フィート(約27メートル)の黄金の像が日の光に輝きました。
アダムとエバの間に生まれた最初の2人の息子は、性格も行動もひじょうに異なっていました。カインは農業や建築に熱中し、アベルは丘や牧草地を家畜の群れと歩き回ることが大好きでした。
主がイスラエルの子らをエジプトにおける奴隷状態から解放なさったときほど、大きなしるしと奇跡が行われたことはありませんでした。
神殿の庭に入り、その騒々しさを見渡されたイエスは、明らかに深く悲しんでおられました。どこを見ても犠牲の動物を入れた檻があり、高値で売りつけようとする売り手と値段交渉をしている巡礼者たちの大きな声が聞こえてきます。
王の裁判所を沈黙が覆い、すべての目がソロモン王に注がれていました。従者たちは、若い主君がどうやってこの複雑な一件を解決するのだろうか、と注目しています。
ヤコブはかつて、これほどの貧しさと孤独を感じたことがありませんでした。それも、もとを正せば、自分がずる賢くて欲深かったからです。
ヘロデ王の妻、ヘロデヤは、洗礼者ヨハネを憎んでいました。荒れ野に住むその預言者が、夫のピリポを捨てて、悪徳だが大金持ちの彼の弟と結婚した彼女を、大胆にも姦婦と呼んだからです。
ネブカデネザル王がエルサレムを包囲したとき、何千人ものユダヤ人が捕虜となり、バビロンへ引かれて行きました。
イエスは、「女の産んだ者の中で、バプテスマのヨハネより大きい人物は起らなかった」(マタイ 11:11)とおっしゃいました。
北王国イスラエルの悪名高い王アハブは、スリヤからラモテ・ギレアデの町を奪い返そうと思っていました。しかし、そうするには手助けが必要です。
エリシャには、その若いやもめが絶望的になっているのがわかりました。彼女は老いた預言者の足元にすがりつくと、泣きながら言いました。「債主がきて、わたしのふたりの子供を取って奴隷にしようとしているのです」。やもめの夫は莫大な借金を残して、突然亡くなってしまったのです。
ペテロにとって、イエスは大事なお方でしたが、民衆に受け入れられることも大事でした。

Back To Top